滋賀県で出産祝い金と子育て支援の手当をもらう







条件の良い仕事を探したい方はこちら





出産育児一時金って何?滋賀県ではいくらもらえる?

健康保険に入っている本人もしくは扶養家族が出産した際に出産育児一時金ということで50万円が給付されます。妊娠して満12週(85日)以上の死産・流産でも支払われます。

出産育児一時金の直接支払制度って何?

出産のための費用が直接医療機関などへ払われる制度になります。

この制度によって出産時の費用を一時的に立て替えることがなくなります。

出産のための費用が50万円未満の時は、差額について申請することで、後で受け取れますが、滋賀県でも申請しなければもらえないため注意しなくてはなりません。

出産育児一時金のほかにもらえる出産手当金って何?

出産手当金というのは滋賀県でおもに仕事をしている母親が妊娠したときに適用される手当てです。

出産育児一時金と併用が可能です。健康保険に加入している人であって、出産日以前42日から出産日翌日の後56日までのあいだに休みを取得した人が対象です。

会社を休んでいたとしても有給休暇などで給与が出ているときは出産手当金を受け取れないこともあるので気をつけてください。双子以上の多胎では出産日の前98日までの間が対象となります。

滋賀県で出産手当金の金額はいくら?

手始めに、一か月の給料を30日にて割って1日あたりの標準報酬日額を計算します。

給料÷30日=1日あたりの標準報酬日額

1日あたりの標準報酬日額の2/3の金額に産休日数を掛けたものが出産手当金として金額です。

1日あたりの標準報酬日額 × 2/3 ×産休の日数=出産手当金の金額

ここでの産休の日数は、出産前の42日より出産日翌日の後56日までの期間に休みを取得した日数です。

滋賀県の出産情報

外国人と日本人の結婚の時に出産育児一時金はもらえるのか気になるといった人は滋賀県でも多くなっています。基本的には、健康保険に加入しているならば受給することが可能です。奥さんが外国人の場合は、旦那様が加入しているのでならば支給されますし、奥様がが仕事をしていれぱ勤務先の健康保険から払われます。ご主人が日本人ではない場合も、奥様がが会社に勤めていれぱ勤務先で加入中の健康保険から貰えますし、専業主婦の場合でも配偶者が健康保険に入っているならば出産育児一時金は支給されます。

お産の前後は勤めている人は休業する必要がでてきます。滋賀県でも、休んでいる期間については給与はでない事態になるのですが、それらの間の生活をバックアップする制度が出産手当です。出産手当金というのは今加入している健康保険から貰えますから、専業主婦の人等が加入中の国民健康保険の方については受け取れません。出産前の42日の間と出産後五十六日の間が対象となり、休みを取得した日にちの給料の2/3がもらえて、休業している期間も給与が支払われているときでは差額が支払われることになっています。

滋賀県のその他のお金の支援とサポート






条件の良い仕事を探したい方はこちら






↑まずは選択してください↑

滋賀県の街情報

甲賀市立 信楽中央病院甲賀市信楽町長野473番地0748-82-0249
医療法人メディカルアート澤田医院長浜市大宮町5番24号0749-62-0875
医療法人社団 クリニック・ムライ長浜市八幡中山町804番地40749-65-2125
多胡クリニック高島市安曇川町南舟木680番地20740-34-0345
かいつぶり診療所守山市守山町168番地1077-514-1715
入江産婦人科草津市大路二丁目3番11号ハイレス21077-563-5223






条件の良い仕事を探したい方はこちら






滋賀県の生活支援

シングルマザーとして家庭を支えていると、自分の稼ぎの上がり下がりが直に暮らしに影響を与えます。月々の料金の支払を前にして、すぐにでもお金が必要になるといった状況になる事もあります。それらの時にはいらない服等を売って現金にできる質屋というのは助かります。滋賀県にて、売却金額をできるだけ高額にしたいといった場合は、宅配買取サービスを使用すると高値で買い取ってもらえます。ネットと携帯電話から依頼すると送られてくる段ボールに買取してもらいたい物を入れておくるだけで買い取り査定をしてもらえて、査定がOKの場合には、銀行振込みによって入金してくれます。

一人親世帯を支える手当には児童扶養手当が用意されています。親の離婚、死別等で片親により養われている子供の毎日の生活をを助けることを目的とした助成金になります。受給できるのは、父母が離婚しているケース、親の一人が死亡したり、または重度の障害を抱えているケース等です。結婚していない母から生まれた子どもについてももらえます。滋賀県など、市町村の役場にて申し込みます。再度結婚したり、児童福祉施設などや養父母に養育されているときには受給できません。






条件の良い仕事を探したい方はこちら