霧島市で出産祝い金と子育て支援の手当をもらう







条件の良い仕事を探したい方はこちら





出産育児一時金って何?霧島市ではいくらもらえる?

健康保険に入っている本人または扶養家族が出産した場合に出産育児一時金として50万円が支払われます。妊娠満12週(85日)以上たった死産や流産であっても支払われます。

出産育児一時金の直接支払制度とは?

出産のための費用が直接医療機関等に支払われる制度です。

この制度の利用で出産費用をいったん立て替える必要がなくなります。

出産時の費用が50万円に満たない時は、差額分について申請することで、後で支払われますが、霧島市でも支給申請しなければもらえないため注意してください。

出産育児一時金以外に受給できる出産手当金って何?

出産手当金というのは霧島市でおもに就業者である女性が出産する時に給付される手当です。

出産育児一時金とともにもらえます。健康保険加入中であり出産日前の42日から出産日翌日以後56日までのあいだに会社に休みを取った方が対象です。

また、会社から産休を取っていても有給休暇などによって給与がもらえているならば、出産手当金が給付されないこともあるので気をつけましょう。双子以上の多胎では出産前の98日までが対象となります。

霧島市で出産手当金はいくらもらえる?

最初に、月の給与を30日で割ることによって1日あたりの標準報酬日額を計算します。

給料÷30日=1日あたりの標準報酬日額

1日あたりの標準報酬日額の2/3に産休日数を掛けると出産手当金としてもらえる金額になります。

1日あたりの標準報酬日額 × 2/3 ×産休の日数=出産手当金の金額

対象になる産休の日数は、出産日の前42日より出産翌日後56日までの期間に会社に休みを取った日数です。

霧島市の出産情報

霧島市でも、お産の時には出産育児一時金ということで子供1人について50万円が支払われます。出産は病気や怪我などみたいに健康保険の対象外なため、出産育児一時金として、その料金を助けるようになっています。受けとるには健康保険に加入している事が必須です。仕事をしている人は、会社の健康保険から受給できますし、専業主婦についてはご主人の健康保険より受給できます。何らかの理由で受給し忘れてしまった方は2年内ならば申込めます。

国際結婚をしている場合に出産育児一時金は受け取れるかが知りたいという人は霧島市でも少なくありません。基本的に健康保険に入っていれば受給することができます。奥さんが日本人でない場合は、ご主人が入っていれば支給されますし、奥さんが働いていれぱ勤務先で加入している健康保険から支給されます。ご主人が日本人でない時も、奥さんが会社に勤めていれぱ会社の健康保険より貰えますし、専業主婦の時も旦那様が健康保険に入っているのであれば出産育児一時金は受け取れます。

霧島市のその他のお金の支援とサポート






条件の良い仕事を探したい方はこちら






↑まずは選択してください↑

霧島市の街情報

前田産婦人科クリニック霧島市国分中央1丁目3番23号0995-46-6800
帖佐クリニック霧島市国分松木4000995-64-0711
うえぞの内科クリニック霧島市国分福島三丁目51番地11号0995-48-6555
原口 耳鼻咽喉科霧島市国分中央1丁目21ー310995-46-3333
医療法人 三幸会 八木クリニック霧島市福山町福山45160995563000
清水内科霧島市国分清水1丁目22-260995-47-7173






条件の良い仕事を探したい方はこちら






霧島市の生活支援

離婚で母子家庭になってしまった方は、月当たりに養育費をもらっているといったケースが霧島市でも少なくないです。そのような時には養育費のお金を生活費として頼りにしている方が大部分だと思いますが、きちっと払い込んでくれなかったり、ある時期を境に、突然支払いがストップする等のような危険も想定しておいてください。離婚を進める際には公証役場で公正証書の形にしておくようにするのが好都合ですが、少なくとも書面化して二人で署名すると、厄介事を避けることもできます。

子育て家庭の支援として、就学援助制度というものがあり、就学の際に不可欠な教材とか給食費用などのサポートをしてもらえます。個々の自治体の教育委員会にみとめられた方が対象になりますが、母子家庭で児童扶養手当が支払われている方なら認められる見通し大です。霧島市でも、小中学校の学年はじめの際に申請書類がくばられて申し込みを受け付けることが多いですが、途中でも申請可能ですのでそれぞれの学校に問い合わせしてみることをおすすめしまます。






条件の良い仕事を探したい方はこちら