山形市で出産祝い金と子育て支援の手当をもらう







条件の良い仕事を探したい方はこちら





出産育児一時金って何?山形市ではいくらもらえる?

健康保険加入の本人または扶養家族が出産した時に世帯主に出産育児一時金ということで50万円が支払われます。妊娠満12週(85日)以上の死産・流産の際も支給されます。

出産育児一時金の直接支払制度とは?

出産費用が直接病院などの医療機関に払われる制度です。

この制度を使うことで出産費用を一時的に立て替えする必要がなくなります。

出産時の費用が50万円に達しない時は、差額について請求することによって、後日受け取れますが、山形市でも請求がないと支給されないため注意しましょう。

出産育児一時金とは別に受給できる出産手当金って何?

出産手当金というのは、山形市でおもに働いている母親が出産する時に支払われる手当になります。

出産育児一時金とともにもらえます。健康保険に加入している人で、出産前42日から出産日翌日以後56日までのあいだに会社を休んだ人が対象となります。

また、会社から産休を取ったとしても有給休暇などらより給与があるときは出産手当金を受け取れないこともあるので注意してください。双子以上の多胎であれば出産日の前98日までが対象です。

山形市で出産手当金はいくらもらえる?

まずは、一か月の給料を30日で割ることにより1日あたりの標準報酬日額を求めます。

給料÷30日=1日あたりの標準報酬日額

1日当たりの標準報酬日額の2/3の金額に産休の日数を掛けたものが出産手当金の金額です。

1日あたりの標準報酬日額 × 2/3 ×産休の日数=出産手当金の金額

対象となる産休の日数は、出産日以前42日より出産翌日後の56日までの間に休みを取った日数です。

山形市の出産情報

なにかの事情で片親家庭になる方が出産の後子供を育てていく場合、家計を応援するため児童手当のみならず児童扶養手当というものが山形市でも準備されています。死別などのため片親家庭になっている子どものための制度で、十八歳になってからの三月末まで受給できます。母親の所得によって上限月あたり4万円くらいを受給することができますが、申請しないと受け取れませんので注意を払うことが必要になります。届出は各自治体の役所で行うことができますので、きっちりしておくようにしましょう。

会社で働いている人がお産後、育児休業を取得する時に受け取れるものが育児休業給付金です。山形市でも、ふつうは育休の間は給与はもらえませんが、そうした期間をサポートする補助金になります。現在加入中の雇用保険より支給されて、原則として一年、給与の50%が支払われますが、月の上限が20万くらいで定められています。申請手続きは会社が本人の代わりにやってくれる事が大部分ですがきっちり育休をとる事を申し伝えて、手続きの事も問い合わせておくと良いでしょう。

山形市のその他のお金の支援とサポート






条件の良い仕事を探したい方はこちら






↑まずは選択してください↑

山形市の街情報

内藤医院山形市鉄砲町1ー4ー20023-624-1500
西バイパスひとみ整形外科山形市砂塚12ー8644-1200
濱井眼科山形市南原町2ー7ー44625-5077
井出眼科病院山形市香澄町3ー6ー13023-641-3111
武田整形外科クリニック山形市山家町2ー6ー6023-631-7322
ざおう整形外科クリニック山形市蔵王半郷字西ノ宮244ー1023-688-8891






条件の良い仕事を探したい方はこちら






山形市の生活支援

母子家庭をサポートしてくれる手当てというのは児童扶養手当になりますが、そのほかにも、受けられる仕組みは設けられています。たとえば、ひとり親向けの医療費の助成制度により、医療費の一定額を援助してもらえ、山形市などの役所の窓口にて申告することで活用できます。そして、シングルマザーに限定されるものとは違いますが、年金や国民健康保険等を支払うのが厳しい時は申告すれば全部や半分の金額の免除を受けることも可能になっています。暮らしの負荷をへらすためにも利用したい補助です。

離婚で一人親になってしまった人は、月額で養育費が払われているといったケースが山形市でも多々あります。それらの際には養育費を生活を維持していく上で当てにしている方が大部分ですが、毎月支払われなかったり、月日が経つと、ほとんど払ってもらえなくなるなどといった可能性も考慮に入れておく必要があります。離婚を決める場合には公証役場にて公正証書をつくるようにするのが理想ですが、まずは書類にして二人でサインするようにしておくと、いざこざを回避できます。






条件の良い仕事を探したい方はこちら