奈良県で出産祝い金と子育て支援の手当をもらう







条件の良い仕事を探したい方はこちら





出産育児一時金とは?奈良県ではいくらもらえる?

健康保険加入の本人もしくは扶養家族が出産した時に出産育児一時金ということで50万円が支給されます。妊娠して満12週(85日)以上である死産や流産でも給付されます。

出産育児一時金の直接支払制度とは?

出産に必要な費用が直接医療機関等へ支払われる制度です。

この制度を使えば出産費用を一時的に立て替えする必要がなくなります。

出産に必要な費用が50万円に満たない時は、差額分を請求することで、後日もらえますが、奈良県でも支給申請しないと給付されないため気をつけてください。

出産育児一時金とは別に受給できる出産手当金って何?

出産手当金というのは、奈良県でおもに仕事をしている女性が妊娠している場合に支払われる手当になります。

出産育児一時金と併用可能です。健康保険加入中のうち、出産日以前42日から出産日翌日の後56日までのあいだに会社を産休した人が対象です。

産休を取得したとしても有給休暇で給与が出ている場合は、出産手当金を受け取れない場合があるので注意しましょう。双子以上の多胎の場合は出産日の前98日までが対象です。

奈良県で出産手当金はいくらもらえる?

まずは、一か月の給料を30日にて割って1日あたりの標準報酬日額を算出します。

給料÷30日=1日あたりの標準報酬日額

1日当たりの標準報酬日額の2/3に産休の日数を掛けると出産手当金でもらえる金額になります。

1日あたりの標準報酬日額 × 2/3 ×産休の日数=出産手当金の金額

対象になる日数というのは、出産日以前42日より出産翌日後56日までの期間に産休した日数になります。

奈良県の出産情報

奈良県でも、会社に勤務していて雇用保険に加入している方が、切迫流産など、出産までになにかのトラブルが発生して会社を休暇をとることになる場合について、出産の四十二日以前ならば出産手当金をもらうことが可能ですが、対象にならないときは傷病手当金を貰うことができます。両方とも休業した日にち分の賃金の3分の2が健康保険から支給されますが、同時にもらう事はできないです。ダブったときは、出産手当金が優先されます。会社から休業中についても給与がでている場合ではその分減らされる事になります。

出産の期間中は会社に勤めている方は休業する必要があります。奈良県でも、休暇中は給与は支払われない事態になるのですが、そうした期間の家計を支援してくれる手当が出産手当金になります。出産手当金というのは今入っている健康保険より受け取れますので、専業主婦等が加入する国民健康保険の方についてはもらえません。お産前42日の間とお産した後の56日間について、休みをとった日数分の給与の3分の2が受給できて、休暇の期間中についても賃金をもらえている場合では差額が支払われることになっています。

奈良県のその他のお金の支援とサポート






条件の良い仕事を探したい方はこちら






↑まずは選択してください↑

奈良県の街情報

奈良市総合医療検査センター奈良市柏木町519番地の5742337876
医療法人 とりい眼科桜井市大字川合256-20744-46-1713
医療法人たなせ医院橿原市久米町421-10744-28-7605
竹内小児科生駒市東生駒1丁目77-5743755147
国保中央病院磯城郡田原本町大字宮古404-1744328800
西浦クリニック奈良市三条本町7-21742230865






条件の良い仕事を探したい方はこちら






奈良県の生活支援

シングルマザーの援助をする手当には児童扶養手当があります。夫婦の離婚、死亡等によって一人親に養われている子の生活をを支援するための手当です。受給できるのは、両親が離婚をしたケース、親のどちらかが死亡または身体障害を患っているケースなどです。結婚前の母親が出産した子についても受け取れます。奈良県など、窓口で申し込みます。再婚した場合や、養護施設等や里親に養育されている時には受給の対象となりません。

離婚した後に相手が養育費を振り込まない等のいざこざが発生してしまうケースは奈良県でも多数あります。相手側のお金の負担が大きくて養育費のための金額を用意できない時は現実的な対策を取る必要がありますが、支払えるのに養育費を払ってくれない場合は、それ相応の対応が必要です。離婚する際に公正証書を残さなかったとしても、支払いを求める調停を家裁に申し立てることができます。千円強にて申し立てできますし、弁護士などは必要ないですので、何はともあれ聞いてみることをオススメします。






条件の良い仕事を探したい方はこちら