頚椎症のリハビリってどんなことをする?

頚椎症のリハビリってどんなことをする?

頚椎症のリハビリ(日本では、医学的なリハビリを指すことが多いでしょう)といえね、治療方法の1つである理学療法のことを指している場合が多いと思います。

一般的に使われる、手術後のリハビリ(日本では、医学的なリハビリを指すことが多いでしょう)とは少し違った意味で使われていらっしゃるでしょうねね。

よく頚椎症のリハビリ(本来は、社会的な権利や名誉の回復など、広い意味で使われる言葉です)メニューと言われるものには、温熱療法(ホットパック(最近では、韓流ブームのせいか、韓国製のパック剤などもよくみかけるようになりました)など)、頚椎の牽引、低周波治療、レーザー治療などがあるでしょう。

また、施設や症状によっては、人の手によるマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)が行われることもあるそうです。

頚椎症は短い期間で劇的に解消するという症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)ではありませんから、理学療法も気長に、長期間にわたって続けなければならないでしょう。

この間、家庭でも頚椎に無理をかけないよう、生活態度や姿勢に注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)したり、頚椎症用の枕を使用するなど、自分でも改善に向けての努力をすることが大切と言われていますね。

頚椎症の手術後に行われるリハビリ(リハビリテーションの略です)は、安静、あるいは筋力(使わないとあっという間に?えてしまいます。 風邪でしねらく寝込んだり、入院したりすると、実感するかもしれません)低下を防止するためのものとなるケースが多く、機能回復の為のリハビリとは別になるようです。

いずれにしろ、頚椎症の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は、あせらず、無理をしないでに続けていく姿勢が必要になるのです