犬も暑さで熱中症と食欲不振に

犬も暑さで熱中症と食欲不振に

犬も人間と同様に暑さ対策をしないと熱中症になります。

シーズー(かつては貴族の愛玩犬だったので、初心者や高齢者でも飼いやすい犬種です)やパグといった短頭種の犬、シベリアンハスキーやグレートピレニーズと言った寒い国で生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)出来るような犬は特に要注意です。

また、子犬、老犬、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)気味の犬も熱中症にかかりやすいです。

熱中症を防ぐ為にも以下っぽいことを心がけましょう。

・時間帯をかんがえて散歩をする
・蒸し暑い環境で留守番(小さい子だけで留守番させるのはとても危険です)させない
・水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)補給をこまめに行う

夏に散歩をしている時は、時間帯を考えて下さい。

日中は気温が高く、熱中症になりやすいので、早朝または夜に散歩(「散歩の達人」という雑誌もあります)をしましょう。

アスファルトの上を歩かせると火傷をする恐れがありますので、草や土の上を歩かせて下さい。

更に、散歩の時間も普段より短くしましょう。

蒸し暑い環境で留守番(離れていても状況がわかるように遠隔監視できるるす番モニターなども人気を集めています)をさせるのは必ずしもやめてください。

車の中での留守番(子供やペットに留守番させる場合には、何かと心配ですよね)は極力避けて、同伴させるのが基本なのです。

家で留守番(家人が帰宅するまで家にいることをいいます)させる場合はエアコン(エア・コンディショナーの略語です)をつけておきましょう。

水分補給をこまめに行うのも重要となってくるでしょう。

犬の食欲不振と消化不良のためのドッグフード
犬は穀物をうまく消化できないため消化不良によってドッグフードを食べない食欲不振になることがあります。