うつ病の治療方法はどんな方法がある?

うつ病の治療方法はどんな方法がある?

現代社会において、うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)は深刻な病気みたいですよ。

そのうつ病(早期治療が何よりも大切です。 放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)の治療方法は、大別すると二つです。

・認知療法
・投薬療法

上記2つがあげられるのです。

取りあえず認知療法かと言って、うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)は現実に対して否定的な感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)になり、行動意欲が低下する傾向にあります。

本来、貴方の感覚と現実社会には何かしらのズレが存在するになるものです。

そのズレに対して、自分が思っていることで対応しようとするのですが、うつ病患者の大半が否定的な感情(抑制しすぎると、ストレスが溜まり、いつか爆発する可能性が高くなります)から対応ができなくなりいるみたいです。

そこで、精神科医や心理士(日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」が最も信頼性が高い民間資格でしょう)とのカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)をとおして、日常生活の中での自らの意思や状態を確認可能になるようにする事で、今の悩みを解消する方向に持っていくといわれています。

次に、投薬治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)ですが、うつ病になる原因には、神経の伝達異常があると言われています。

その為に、抗うつ薬を服薬することにより、伝達機能を正常に戻す事が出来るでしょう。

つまり、薬を飲む事で精神的に落ち着くことができるためにす。

しかし、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)として、睡魔におそわれたりします。

また、服薬についても、不安な点があったら必ず相談することが大事ですよ