貯蓄型、保障型って?

貯蓄型、保障型って?

学資保険と言うと、「子どもの教育のための保険」といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
確かに、学資保険の本来の目的はこういった貯蓄性だったと思うのですが、この頃では子どもの保障にも特化した保険なども登場しています。
それでは、学資保険の貯蓄型と保障型では、どのような違いがあるのでしょう。
まず、貯蓄型とは言え、こちらはその名通り、教育資金を積み立てる事に重点がおかれていらっしゃるかもしれませんね。
一番の特徴は、満期に受け取れる保険料が支払った保険料よりも多くなると言う事です。
こういう貯蓄性と合わせ、契約者である親にもしもの事があった場合は、その後の保険料の支払いは免除となります。
次に、保障型かといって、こちらは保障と名前が付いているように、学資保険に充実した医療保障や死亡保障が付加されています。
子どもがケガや病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)で通院したり入院したりした場合には、給付金を受け取る事ができ、また、もしもの場合だったら死亡保障を受け取る事が可能です。
それから、貯蓄型と同様で契約者である親にもしもの事があったときはその後の保険料の支払いは免除となった上、さらに満期までの間は育英年金(万一のことを考えて子供のためにと付ける方が多いようです)が受け取れるシステムなっているんです。
当然、保障を充実させている為、何事も無くぶじに満期を迎えることができた場合には、受け取れる満期金が支払った保険料の総額を下回るケースがほとんどとなります。
最近ではどちらかと言うと、貯蓄型の学資保険に人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)が集まっていますよね