ゴルフはどうやって練習したらいい?

ゴルフはどうやって練習したらいい?

どれくらいのスポーツでもそうと思いますが、楽しければそれでいい、とばかりは言っていられありませんよね。
せっかくゴルフを開始したのですから、少しは人よりもうまくなりたいというのが当たり前です。
それでは、どうやって練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)したらいいのでしょうか。
まず、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)でいくらゴルフクラブ(自分との相性が大切なので、試しうちしてみた方がいいといわれています)を振るイメージしていても、実際にスイングしてボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を打ってみないと形にはなりません。
自分に合うクラブを選んで、とにかく打ちっ放しの練習場でボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を打つ事から始めてみてくださいね。
その際、プロが独立して行っているゴルフスクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)や個人レッスン、スポーツクラブ(時間帯によってはおねさん達の社交場になってしまっていることもあります)が併設しているようなゴルフスクールが無いか口コミ(最近では、ブログ発やツイッター発の情報から広がることも多いですね)等で探してみます。
というのも、いくら上手い人に技術的な事を教わっても、やはりゴルフがうまくなる一番の近道はプロのレッスンを受ける事だからです。
ゴルフレッスンときくと何か大袈裟なイメージがあるかもしれません。
でも、基本を身につけるのはとても大切なと言う事なのです。
いかに自己流で練習したとしても、ある程度のスコアまでいくとそこから先伸び悩んでしまうケースが大変多いようです。
最初の練習期間だけでも良いので、上達したければプロのレッスンを受けることがオススメです。
また、ゴルフの腕に少し自信が付いてボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)もまっすぐに飛ぶようになってきたら、実際にコースデビューしてショートゴルフコースでラウンドしてみてもいいかもしれません。
初心者には良い練習になって、きっとご自身の次の目標が立てやすくなると思います。