クレジットカードと手数料

クレジットカードと手数料

クレジットカードの利用は手数料と関係しています。誰もが財布に1枚は入っているクレジットカード。クレジットカードがあれば金銭を所持してなくても買い物ができます。日本でもクレジットカードの利用総額は増える一方です。近年では水道光熱費の払い込みにクレジットカードが使える自治体も増えており、スーパーや百貨店などでのちょっとした買い物でもクレジットカードは役に立っているようです。一般的にクレジットカードを利用するには、維持費として年会費などを負担する必要があります。この頃は、年会費不要のクレジットカードも増加しているようです。年会費不要のクレジットカードを作っておくと、カードを持っているだけで発生する手数料の問題は回避できます。クレジットカードの支払い条件をリボルビング払いのような、分割払いで行う場合には金利としての手数料が発生します。クレジットカードを使ってローン融資を受ける場合は、借りたお金を返す時に手数料が増えるものです。毎月何日までの決済額を、何日に引き落とすかはカード会社毎に設定されています。カード会社の指定日と異なる日を支払い日にしてほしい場合は、特定の手数料がかかることもありますので要注意です。そのクレジットカードを使う際の手数料の仕組みを事前に知っておくことで、無駄に手数料を支払ってしまうような事態を避けることができます。