クレジットカード利用時の手数料について

クレジットカード利用時の手数料について

クレジットカードの支払いには、手数料が加算されることがあります。最近は、外での食事や商品の購入時に、クレジットカードをよく使います。たいていの場合、クレジットカードでもキャッシュでも、決済額はどちらも同じです。クレジットカードで支払ったほうがむしろポイントが付くのでお得だったりもします。ただし、条件によっては、クレジットカードでのカード決済時に手数料が発生してしまうことがあります。手数料を含む金額をクレジットカードで払わなければならない事態とは、どんな時を指しているのでしょう。元々、クレジットカードの手数料とは、提携店とカード会社との間で発生しているものです。もともとお店でクレジットカードの支払いを行うためには、クレジット会社と契約する必要があります。支払いにクレジットカードが使われると、その支払額によってカード会社に支払うべき金額が決定されます。つまりお店では現金での支払いより、クレジットカードでの支払いのほうが少し損をする計算になります。店舗によってはこのクレジット会社に支払う手数料分を顧客に請求しているケースがあるのです。クレジットカード利用時に発生した手数料を客側に払わせることはほとんどのクレジットカード会社はやってはいけないこととしています。手数料の支払いが誰に対して向けられているのか、クレジットカードを使う時はそれが大事です。