クレジットカードの手数料の負担

クレジットカードの手数料の負担

クレジットカードを使う時に手数料がかかる場合があります。最近はスーパーなどで買い物をすると、店舗独自のポイントがもらえることもよくあります。ポイントがたくさん貯まると景品と交換されたり、割引サービスに使えるようにもなっていて、顧客の取り込みに効果を上げています。ポイントが付く条件に現金払いのみと限定しているケースも少なくありません。クレジットカードを客側が使うと、一部が手数料としてクレジット会社側に行ってしまうので、店としては現金払いが望ましいのです。大規模な家電量販店などよく見る手法ですが、現金で支払う方の条件を良くすることで現金払いを推奨しているというわけです。現金払いとクレジットカード払いではポイントの還元率に数%の差をつけています。店側としてもクレジットカードの支払いは手数料の負担がある分、できるだけ現金払いを推奨したいところ。しかし、だからといってクレジットカードを使えないようにすると、客側の不便さが増してしまいます。顧客からしてみれば、クレジットカードも現金払いも、支払う金額は同じです。クレジットカードの決済は、提携店舗からすれば手数料の発生が避けられません。余計な手数料を負担させられたりポイントの対象にはならない場合は、クレジットカードよりむしろ現金払いのほうがお得なケースもよくあります。