クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化の違法性

クレジットカードを現金化する際に気にかがることとして、法律との兼ね合いがあります。実はクレジットカードの現金化をする人は最終的にクレジットカードの請求が滞りやすいのです。返済を踏み倒してしまうようなケースが数多くあり、社会問題にもなっています。潜在的な問題と見なされてはいますが、クレジットカードの現金化自体は法律に違反するものではありません。クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、法律には触れません。しかし、クレジットカードの大半は、換金のためにクレジットカードを使うことは禁止しています。この条項を厳密に守るならば、クレジットカードを現金化することは規約違反となり、行ってはいけないことになります。規約に沿っていうならば、クレジットカードの現金化が明るみに出た場合、強制退会によりクレジットカードを失うことがありえます。現金化に対しては、クレジットカード会社も妥協を許さない態度に出ています。現金化によってクレジットカード会社を退会する場合は、その時まで利用していたカードの残高をすぐに支払わなくてはなりません。また、クレジットカードの現金化をした人物としてブラックリストに入る可能性があります。新規クレジットカードやローン融資の審査に軒並み落とされる可能性が出てくるでしょう。クレジットカードの現金化は、仲介業者がクレジット会社に対して詐欺まがいな行為を行っていることも少なくないようです。カード発行時の規約や国の法律に対して問題はないか、クレジットカードの現金化はじっくり検討しなければなりません。